梅田でお昼間だけで稼げる性病の心配ゼロの風俗は当店だけ

ソフトサービス風俗の落とし穴

風俗でソフトサービスと言われる業態は、大きく分けて4つです。

1)性感エステ

2)M性感ヘルス

3)オナクラ

4)添い寝・耳かき・メンズエステ系

しかし、ここには大きな落とし穴があるということをはじめにご紹介します。

性感エステの落とし穴

ソフトサービス・手だけで稼げる・マッサージをするだけ!

これが大きなうたい文句ですが、ここで注意することは「ソフトタッチ」というオプションです。

主に「ソフトタッチ」とは、業界では「おま●んこの中に指を入れない事」を指します。

逆をいうとそれ以外のことは全てOK。

おっぱいしゃぶり尽くされ、パンツ越しに指を入れられ、興奮した男性に襲われる、いわゆる「受け身」のサービスは、普通に存在するのです。

しかも、「オプションなんでNGにしとけばいいじゃん」と言いますが、まずもってそれは不可能です。

その理由は2つ有ります。

①ソフトタッチのオプションをつけないとまず選ばれないという現実です。

確認の為に、性感エステのオフィシャルページを細かくチェックして見てください。

ほぼ100%の女の子がソフトタッチ可能になっています。

②ソフトタッチがないと、60分五千円をきる非常に安いバックとなる。

確認の為に、オフィシャルページの料金表を見てください。だいたい1500円から2000円のオプションが付いているはずです。

これを巧妙にオプションフルバックとするお店が主流です。

ということは、60分10,000円、オプション2000円ならば、サービスのバックは4000円になりますね。

これでは、お金は稼げません。

このように、性感エステは結局お触りがないと成り立たないビジネスモデルとなりますので、指入れのないヘルスとなります。

 

M性感ヘルスの落とし穴

M性感は、大手はかなりしっかりとしていますので、全国展開しているようなお店は、非常にオススメですが、その他のM性感は要注意です。

まず、プレイがハードすぎるのが問題です。

お客様もかなりハードプレイを求めている方が多く、お尻の穴に拳を入れたり、針で指したり、おしっこかけたり・・・・

結構精神的にえぐい内容となるケースが多い場合があります。

あとは3Pを必ずやらなければならなかったり、普通のプレイでは、クレームに繋がる恐れから実際にお仕事に入るまでに1ヶ月以上かかってしまうケースが本当に多い業種です。

もう一つのポイントは、プロのお姉さんの世界であるということです。

プロとして、しっかりと技術サービスを磨かないと生き残っていけない。

そんな厳しい世界なのです。

 

普通のオナクラの落とし穴

当店もよくオナクラと言われますが、普通のオナクラではありません。

普通のオナクラは、よく「舐めない」「脱がない」「さわられない」安心ですよー。手だけですよ。と言われていますが、要注意です。

まずは、オプションの内容をご覧ください。

結局お金を積むと、ヘルス以上の行為に発展するのがオナクラです。

客層は、当然「脱線狙いの男性」※業界用語で、脱線とは、ルール違反を要求するということです。がメインとなりますので、禁止行為を求めてくるお客様の集まり

となります。

お店側は、常にオプションの数を増やそうとしてきます。

NGを出していても、結局要求されるばかりの世界です。

なので、新人さんが人気が出ます。なぜなら、男性の脱線要求に対して免疫がなく、結果うまく防げないからです。

掲示板には、やれ、誰がHできたとかなどの話で盛り上がります。

お店側も、案に脱線を促す傾向があります。

オナクラには、お客様から、お金をもらってHをさせたりする質の悪い女性もたくさんいます。

これを、業界用語で「直引き行為」と言います。

そうなってくると、

1)もともとお触りなしのうたい文句なので、定期的に性病検診にいく環境がない

2)しかし脱線行為に溢れているので、病気になりやすい

3)結果お店で、性病が広がる

といった悪循環も指摘されています。

同時に、オナクラは、脱線をしない女性は、全く稼げません。

8Hで1人しか接客につけないことなどもよくあります。

これでは、居酒屋でアルバイトしている方がマシとも言えますね。

 

添い寝・耳かき系・メンズエステの落とし穴

こちらは「風俗じゃないから安全」とか「サービスも安心」などと広告していますが、一番問題があるのがこの業種です。

まず一番のリスクは、「あなたが警察に逮捕されます」場合によっては「ニュースに名前が出ます」

なぜかというと、性風俗の業態は、「風俗営業法」という法律の元、届出をしてお店を構えておりますので、もしお店側に問題があれば、警察は、届出をしている責任者や経営者の方、もしくはお店側に連絡を入れます。

この場合、働く女性は「保護の対象」となりまので、警察に事情を聞かれることは一切ありません。

ただ、添い寝・耳かき・メンズエステなどの業態は、無許可・無届けとなり一般的には違法店と言われるので、警察の管轄が代わり、女性の逮捕からお店側の謙虚に至ります。

なので、はじめにつかまる(逮捕)のが女性なのです。

働いている方は、お店の店長や経営者に「大丈夫何ですか?」と聞いたこともあると思います。

すると決まり文句でこう言います。

「うちは風俗じゃない健全店だから捕まる理由がない」

「実際、風俗行為をしていないからそれは一部の違法店のこと」

と。

大きな落とし穴はここにあります。

まず不安な方はインターネットを駆使してしっかりと調べてみることです。

性的行為を事実提供していなくても、「性的興奮を掻き立てる行為」は全て風俗行為を見なされて、ほぼ100%逮捕されています。

では、どのような行為が性的興奮を掻き立てるのかというと、

1)個室で二人っきりで、肌を露出した衣装をきて、男性客の体を触る行為

2)写真等で、胸の谷間などを強調して、男性の性的好奇心を掻き立て広告する行為

3)男性客と体を密着させ、性的興奮を掻き立てている行為

これに該当すれば、一発で逮捕です。

あと、上記オナクラでも記載しましたが、ほぼ100%のお客様が「脱線行為目的」なのが、こういったお店の特徴です。

十分に注意してください。

本当にお触りがなく、お客さんもおとなしい人ばかりのお店はココ